ホーム > インターネット > 巨額長くになってしまうと

巨額長くになってしまうと

特定調停による処理も任意整理と同じくそれらの貸方へ借金の返済を継続していくことを選ぶ借金を整理する形です。

 

分かりやすく説明すると裁判所が関与する負債の整理と考えることができます。

 

特定調停による方法も任意整理による処理とほぼ同じく、破産と違って一部の負債だけをまとめていくことが可能なため、他の連帯保証人がいる借入金を除き検討していく際や住宅ローンの分を別として整理する場合などにおいても適用することも良いですし、財産を手放す義務がないため、自動車やマンションなどの自分の資産を持っているものの、放棄したくない場合においても活用可能な債務整理の手続きとなっています。

 

しかし、後々の返済に必要となる額と現実の所得を比較検討して、常識的に見て返済の目処が立つ場合においてはこの特定調停による方法を選択するほうが良いといえますが、自己破産手続きとは違って負債自体がなくなるということではないため、借入金の総量が巨額な場合には、残念ながらこの方法で手続きを踏むのは困難だということがいえるでしょう。

 

特定調停による解決は裁判所が解決に当たりますので司法書士等にお願いしなくても立場が弱くなってしまうことはないという点や、手続きのための金額を節約できるという利点は魅力的ですが債権者からの取り立てに対し本人が処理しなければならないこととか、裁判所に何度も行く手間がかかるというような覚えておきたい点もあります。

 

くわえて、任意整理による方法と比べると、和解に達しないような時は利息を全部付けた額で返していかなければならないという点や最終的にお金の貸し手へ払っていく総額が任意整理による手続きの場合よりも割高になることがあるなどのデメリットもあります。

 


関連記事

巨額長くになってしまうと
特定調停による処理も任意整理と同じくそれらの貸方へ借金の返済を継続していくことを...
テスト
テスト記事です。...